投稿日:

【仙台藩伊達家の能5】「打振、男振は、親よりも増したり」伊達政宗が抱えた大鼓役者・三栖屋又作

ここまで桜井八右衛門白極言次平岩親好と、江戸時代に入ってから伊達政宗が自らの家臣を能役者に仕立てていった実例を見て来た。

こればかり見ていると、まるで伊達政宗が自家で能役者を仕立てることにこだわりをもっていたかのように思えるが、決してそんなことはない。政宗は必要に応じて、既に活躍していた能役者を新たに召し抱えることもあった。

『大日本史料』慶長18年(1613)3月2日条が引用する「伊達政宗記録事跡考記」には、将軍徳川秀忠の伊達政宗邸御成の様子を伝えた同年3月28日付の今井宗薫宛の伊達政宗書状が収録されている。

今井宗薫は、徳川家康の六男・松平忠輝と伊達政宗の長女・五郎八姫の婚約を仲介するなど、家康と政宗の連絡調整役をつとめた堺の茶人・商人である[1]高橋あけみ「今井宗薫と伊達政宗―宗薫家茶の湯書(佐藤家本)の意義―」(熊倉功夫編『茶人と茶の湯の研究』所収、思文閣出版、2003年)。

その一部に以下のようにある。

能者、我等手大夫小次郎○桜井、仕候、御存候哉、今春弟子にて候、此程も、俄能各所望而仕候キ、殊之外各褒美候、懸御目度候、脇ハ平井五郎右衛門、大鼓者白極善(兵脱カ)衛、又京之者候、みすやの又作、此者ハ、此廿日計已然、吾等扶持人罷成候、京中無隠打手御坐候、

自らの能大夫である桜井小次郎(後の八右衛門)を褒めちぎっているあたりも興味深い。しかし、ここでは、能公演を主催するにあたり、小次郎や白極言次など小姓・近習出身の能役者に加えて、20日ほど前に新たに京都から「みすやの又作」を扶持したことに着目したい。

この時の催能は『治家記録』慶長18年3月29日に

早朝、御跡見御祝儀トシテ、本多佐渡守正信・土井大炊助利勝・酒井雅楽頭殿忠世ヲ始メ、御老中へ、御数寄屋ニ於テ御茶進セラル、其上、御能仰付ラル、御客百余御出、御能御見物アリ、御能大夫、今春八郎・観世左近少進法印并ニ桜井小次郎、脇平井五郎右衛門、大鼓白極善兵衛・三柄屋又作等ナリ、此時、世上ニ於テ伊達殿大能ト言習スト云云、

とあり、江戸の伊達家上屋敷における将軍秀忠饗応の跡見祝儀[2]将軍を自邸に招いた後、老中などを饗応すること。として行われ、「世上ニ於テ伊達殿大能ト言習」わされた豪勢な催しだったという。

そのために新たに扶持された三栖屋又作は、京都で名声を得ていた大鼓役者であった。三栖屋又作[3]『治家記録』には「三柄屋」とあるが、前述政宗書状「みすや」や『近代四座役者目録』の「三栖谷」の表記から「三栖屋」の誤りであろう。は『近代四座役者目録』に以下の通り記されている。

同 又作 出羽ト云。
打振、男振ハ、親ヨリモ増シタリ。又兵衛子也。鼓ハ、拍子方モ親ヨリ劣リ、鼓モ悪シ。行年卅九才、親ヨリ前ニ卒ス。

最初に「同」とあるのは、先の項が又作の父「三栖谷又兵衛」で同姓であるためである。「出羽ト云」は白極言次や牛尾豊前同様、受領号かと思われ、政宗書状にある通り、世間で認められた名手であったらしい。『役者目録』には否定的な評言が並ぶが、必ずしもそのまま受け取ることができないことは、以前述べた通りである。

父・又兵衛の項に「本名字、福冨ト云」とあることから片桐登氏[4]片桐登「江戸時代初期素人能役者考―『役者目録』を中心に―」(『能楽研究』3所収、法政大学能楽研究所、1977年)「三栖屋は同音の『御簾屋』の宛字で、家業を示していたことが分る」とされている。

なお、伊達政宗が、幕府の老中たちを饗応した能が「伊達殿大能」と語られたあたりに、筆者は伊達政宗による能楽の政治利用の姿勢を感じるのである。

脚注   [ + ]

1.高橋あけみ「今井宗薫と伊達政宗―宗薫家茶の湯書(佐藤家本)の意義―」(熊倉功夫編『茶人と茶の湯の研究』所収、思文閣出版、2003年)。
2.将軍を自邸に招いた後、老中などを饗応すること。
3.『治家記録』には「三柄屋」とあるが、前述政宗書状「みすや」や『近代四座役者目録』の「三栖谷」の表記から「三栖屋」の誤りであろう。
4.片桐登「江戸時代初期素人能役者考―『役者目録』を中心に―」(『能楽研究』3所収、法政大学能楽研究所、1977年)
この記事を書いた人

朝原広基

「能楽と郷土を知る会」会員。ネットを中心に「柏木ゆげひ」名義も使用。兵庫県三田市出身・在住。大学の部活動で能&狂言に出会ってから虜となる。能楽からの視点で、歴史の掘り起こしをライフワークにすべく活動中。詳細は[プロフィール]をご覧ください。

この記事へのコメントは現在受け付けていません。