投稿日:

三田屋本店 有馬能楽堂で今年も能・狂言が上演されます

能楽と郷土を知る会の本拠、兵庫県三田市にあるレストラン「三田屋本店―やすらぎの郷―」は、全国でも珍しい能舞台「有馬能楽堂」を持つレストランです。

今年、平成30年も7月から10月にかけて、一流の出演者による能・狂言が上演されますので、お食事と一緒に是非♪ 以前に参った時のことをレポートしていますが、「これぞ贅沢」と病みつきになってしまいそうな、素敵な経験でした。

以下に日程と主演、料金を公式サイト転載させていただきます。

三田屋本店―やすらぎの郷―有馬能楽堂 上演日程

7月27日(金) 狂言《梟山伏》深田博治 狂言《清水》野村萬斎
8月26日(日) 狂言《萩大名》茂山七五三 狂言《惣八》茂山あきら
9月30日(日) 能《葵上》大槻文藏(人間国宝)
10月14日(日) 能《井筒》片山九郎右衛門

各日開演時間17時30分。

さじき席15,000円
レストラン席(食事付)13,000円
レストラン席(食事なし)5,000円

詳細は三田屋本店公式サイトをご覧ください。

三田屋本店 有馬能楽堂 平成30年

この記事を書いた人

朝原広基

「能楽と郷土を知る会」会員。ネットを中心に「柏木ゆげひ」名義も使用。兵庫県三田市出身・在住。大学の部活動で能&狂言に出会ってから虜となる。能楽からの視点で、歴史の掘り起こしをライフワークにすべく活動中。詳細は[プロフィール]をご覧ください。

この記事へのコメントは現在受け付けていません。