投稿日:

第14回能のことばを読んでみる会《杜若》

能のことばを読んでみる会《杜若》

今回は「能楽と郷土を知る会」代表の朝原が、3か月に1回催しております「能のことばを読んでみる会」のお知らせです。

「能のことばを読んでみる会」は、日本の伝統芸能である「能」の演目を一つとりあげ、お菓子を食べながら、一緒に、そのことば(詞章)を読むことで、能の内容に一歩踏み込むことを目指す、気楽な勉強会です。

伝統芸能の「能」の言葉は、日本文化の宝庫です。でも、なんだか難しそうで、能が好きな人でも「なんとなく」としか分かっていないことも、意外に多いのではないでしょうか。

主催者の私も同じです。この会をするようになってから、普段どれだけ能のことばを「なんとなく」読んでしまっていることか、感じることばかりです。

14回目となる今回のテーマ曲は《杜若(かきつばた)》。『伊勢物語』を原作とした能で、金春禅竹(1405〜?)の作ではないかと言われています。

金春禅竹は、能楽を大成させた世阿弥の娘婿。岳父の世阿弥に師事しつつも、父祖以来の金春座をしっかりと経営し、多くの能の曲や理論書を書き上げた継承者です。その理論は「難解」と評され、一筋縄ではいかない部分もあるのですが、鮮やかな色彩感など他の作者とは違う魅力があります。

初夏を舞台としていて季節的にもぴったりです。『伊勢物語』の世界に浸ってみましょう。

なお、今回の本文には金春流の謡本を使わせていただきます。そのうえで、ほかの流派の謡本にも触れていく予定です。

会場は京都・三条の東山いきいき市民活動センター1階和室です。当日のお越し、お待ちしております。

詳細

第14回「能のことばを読んでみる会」《杜若》

日時:2017年5月27日(土)18時00分~(2時間を予定)

会場:東山いきいき市民活動センター1階和室(京都市東山区三条通大橋東入2丁目下る巽町442番地の9 →Googleマップ

会費:800円(会場費・資料代・お菓子代として)

主催:能のことばを読んでみる会 朝原広基(柏木ゆげひ)

申込・問合先:能楽と郷土を知る会のお問い合わせフォームのほか、朝原個人のTwitterfacebookでも受け付けています。

この記事を書いた人

朝原広基

「能楽と郷土を知る会」会員。ネットを中心に「柏木ゆげひ」名義も使用。兵庫県三田市出身・在住。大学の部活動で能&狂言に出会ってから虜となる。能楽からの視点で、歴史の掘り起こしをライフワークにすべく活動中。詳細は[プロフィール]をご覧ください。

この記事へのコメントは現在受け付けていません。