投稿日:

創作狂言《くわばら》制作中

創作狂言《くわばら》

現在、兵庫県三田市に伝わる民話を元にした創作狂言《くわばら》の制作を進めています。

令和2年6月5日の夜、狂言方大蔵流・善竹忠重先生のお稽古場にて、先生の立ち合いのもと、出演予定の善竹忠亮さん以下、ご一門の若手の方々と、能楽と郷土を知る会の朝原が集まって、初めての読み稽古。

広いお稽古場にたったの5人。コロナ感染防止対策として、窓を空けていたために、近くを通る電車の通過音が少々やかましく、マスクをしたままで、となりました。

ですが、実際の演者の方々に言葉を読んでいただいたり、各場面について話し合っている間に、登場人物のイメージが具体的に見えてきて、演出なども大まかに決まりました。

予定通り進めば、三田で秋に初披露の予定です♪

狂言を新作することで、古典が見えてくる

狂言を新作する場に関わらせていただく機会は初めてです。

どんな要素が狂言を狂言たらしめているのかを考えつつ、さらに、古典演目の言葉や演出がどれだけ練られたものなのか、改めて感じるきっかけにもなっています。

基本的に笑劇ですから、どうしたら面白くなるのか考えるのが単純に楽しくもあります。

古典という優れた参考資料が豊富なのが、本当にありがたいこと。

少しずつ形になっていくことが楽しいです。

元になった民話

元になった民話については以前、「『くわばら』の語源かも 雷除けのお寺・欣勝寺」として、記させていただきました。

この記事を書いた人

朝原広基

「能楽と郷土を知る会」会員。ネットを中心に「柏木ゆげひ」名義も使用。兵庫県三田市出身・在住。大学の部活動で能&狂言に出会ってから虜となる。能楽からの視点で、歴史の掘り起こしをライフワークにすべく活動中。詳細は[プロフィール]をご覧ください。

コメントを残す

*

CAPTCHA