投稿日:

世阿弥&神戸三田ゆかりの幻の能《鼓の瀧》、300年ぶりの復活に向けたクラウドファンディング実施中です

能《鼓の瀧》に登場する和歌と鼓ヶ滝

「能楽と郷土を知る会」では、拠点とする神戸三田地域(旧称「摂津国有馬郡」)ゆかりの幻の能《鼓の瀧 つづみのたき》を300年ぶりに復活上演(復曲)するため、インターネットで資金を募集するクラウドファンディングを実施させていただいております。

世阿弥&神戸三田ゆかりの幻の能《鼓の瀧》を300年ぶりに復活したい世阿弥&神戸三田ゆかりの幻の能《鼓の瀧》を300年ぶりに復活したいhttps://readyfor.jp/projects/tsudumi-no-taki(令和4年9月8日木曜日23時まで)

《鼓の瀧》は、能楽の大成者・世阿弥の芸談『申楽談儀』に記されており、世阿弥自身が謡っていたことは確実な由緒ある演目です。また《鼓の瀧》の作者も世阿弥だとする学説が有力です。

しかしながら能としての上演は、戦国時代の記録を最後に絶えてしまいました。江戸時代中期に数回の上演が確認できますが、再び退転し、今回、約300年ぶりの復活上演を目指します。

能としての上演は絶えていますが、有馬山の夜桜を美しく謡い上げた一部分は、「乱曲」と呼ばれる大切に扱われる謡物として、現代まで伝承されています。このことからも、演目としての質の高さは、歴史的・伝統的に評価されてきたといえるでしょう。

この《鼓の瀧》を通じて、地域と能楽を具体的に結びつけ、新たな地域の伝統を作る礎にしたいと考えています。復活の後には、地域の子どもたちへの指導なども計画しております。

地域での能楽の普及と定着のため、ご支援いただけましたら幸いです。

インターネットでの操作が苦手な方は……

クラウドファンディングの操作方法が分からない方には「能楽と郷土を知る会」が代行させていただきます。ご希望の方は、下記銀行口座に支援額をご入金後、以下の必要事項を電子メールまたはお電話にてお知らせくださいませ。

【代理購入の受付銀行口座】
ゆうちょ銀行 四二八(ヨンニハチ)支店
普通預金/口座番号 0658528
口座名義 能楽と郷土を知る会(ノウガクトキョウドヲシルカイ)

【ご入金後、以下の項目をメール/お電話でお知らせください】
①氏名(本名を伏せたい方はペンネームもお知らせください)
②連絡先メールアドレス
③電話番号
④支援金額
⑤希望のリターンと支援口数
⑥リターン送付先住所
⑦応援メッセージ(プロジェクトページに掲載いたします)

【能楽と郷土を知る会への連絡先】
電子メール info@nohgaku-kyodo.com
電話090-3969-1608(担当:朝原)

お問い合わせフォームからでも受付させていただきます。

この記事を書いた人

朝原広基

「能楽と郷土を知る会」代表。ネットを中心に「柏木ゆげひ」名義も使用。兵庫県三田市出身・在住。大学の部活動で能&狂言に出会ってから虜となる。能楽からの視点で、歴史の掘り起こしをライフワークにすべく活動中。詳細は[プロフィール]をご覧ください。

コメントを残す

*

CAPTCHA