投稿日:

第3回こうべさんだ能・狂言子ども教室発表会

第3回こうべさんだ能・狂言子ども教室発表会

いよいよ11月14日(土)に、兵庫県三田市のフラワータウン市民センター・ホールに、能舞台を組み立てて、「こうべさんだ能・狂言子ども教室」発表会を開催させていただきます。

一昨年から始めた「こうべさんだ能・狂言子ども教室」は、子どもたちが直接、プロの能楽師の指導を受け、神戸三田地域ゆかりの能と狂言のお稽古を行うことで、地域の歴史を体で感じる催しです。

例年ならば、夏休みに開催している子ども教室ですが、今年は新型コロナウイルス拡大の影響を受け、厳しい中での教室開催となりましたが、そんな中でもお稽古してくれた子どもたちの成果を温かく見守っていただければ幸いです。

第3回「こうべさんだ能・狂言子ども教室」発表会

【日時】令和2年(2020年)11月14日(土)13時~。
【会場】フラワータウン市民センター・ホール特設能舞台
【出演】8月からお稽古をしてきた小学1~4年生

【講師】
能:林本大・山田薫(能楽師シテ方観世流)
狂言:善竹忠亮・牟田素之・小林維毅(能楽師狂言方大蔵流)

【入場無料】

※感染対策として、ご入場の際にお名前とご連絡先をお教えいただく形をお願いさせていただきます。

もし事前にご来場の予定がお分かりの場合は、お手数おかけいたしますが、「お問い合わせ」フォームより、先にご連絡いただけますれば、スムーズにご案内できますので、ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。

この記事を書いた人

朝原広基

「能楽と郷土を知る会」会員。ネットを中心に「柏木ゆげひ」名義も使用。兵庫県三田市出身・在住。大学の部活動で能&狂言に出会ってから虜となる。能楽からの視点で、歴史の掘り起こしをライフワークにすべく活動中。詳細は[プロフィール]をご覧ください。

コメントを残す

*

CAPTCHA