投稿日:

阿倍野区能楽講座「能への誘(いざな)い」阿倍野や大阪ゆかりの能を知る

阿倍野区 能への誘い

10月~11月に大阪市立図書館の各館で開催される「第22回大阪市図書館フェスティバル」。

その一環として、大阪南のターミナル・天王寺駅に近い大阪市立阿倍野図書館では11月3日(日・祝)と23日(土・祝)に、「能への誘(いざな)い」と題した能楽講座が開催されます。

1回目の3日はシテ方観世流能楽師の井戸良祐さんが講師が、そして2回目の23日は不肖私が担当させていただきます。テーマは「阿倍野や大阪ゆかりの能」と題して、阿倍野を舞台とする《松虫》を中心として、地域ゆかりの能の演目について知っていただく内容となる予定です。

ぜひともお越しくださいませ。

詳細

第22回大阪市図書館フェスティバル
阿倍野区能楽講座「能への誘(いざな)い」
阿倍野や大阪ゆかりの能を知る

日時:令和元年(2019年)11月23日(土・祝)14時~16時

会場:大阪市立阿倍野図書館(大阪市阿倍野区阿倍野筋4-19-118 大阪市阿倍野区民センター3階)
[Osaka Metro谷町線「阿倍野」駅6号出口から西方向にすぐ、阪堺電気軌道上町線「阿倍野」下車 南西へ徒歩3分]

参加費:無料(申込不要)

定員:60名(当日先着順)

主催:大阪市阿倍野区役所・大阪市立阿倍野図書館

問い合わせ先:大阪市立阿倍野図書館 06-6656-1009 / 大阪市阿倍野区役所(教育支援) 06-6622-9893

この記事を書いた人

朝原広基

「能楽と郷土を知る会」会員。ネットを中心に「柏木ゆげひ」名義も使用。兵庫県三田市出身・在住。大学の部活動で能&狂言に出会ってから虜となる。能楽からの視点で、歴史の掘り起こしをライフワークにすべく活動中。詳細は[プロフィール]をご覧ください。

この記事へのコメントは現在受け付けていません。